揉めない不動産相続をサポートしてくれる不動産会社3選【名古屋】 » 不動産相続に関する基礎知識 » 遺産を相続できる人

遺産を相続できる人

親や兄弟など、親族が亡くなった場合、遺産は誰が相続するのでしょうか?遺産の相続人について解説します。

遺産の相続人と順位

基本的に、遺産を相続できるのは、法定相続人です。法定相続人は、民法で定められた相続人のことで、配偶者や血族がこれにあたります。

遺産は、法定相続人全員で遺産の分け方について話し合う「遺産分割協議」によって配分が決定されます。

法定相続人には順位がありますが、故人が結婚していた場合、配偶者は常に法定相続人になるため、順位は関係ありません。ただし、正式な婚姻関係がある場合に限られるため、事実婚のパートナーや内縁の夫・妻は法定相続人にはなりません。反対に、別居していたり、離婚調停中だったとしても、故人と婚姻関係にあれば、配偶者は法定相続人となります。

配偶者以外の法定相続人の順位は以下の通りです。

第1順位の子どもが亡くなっている場合、その相続権が第2順位に移るのかというとそうではありません。第1順位の子どもが亡くなっている場合は、さらにその子ども(孫)、孫も亡くなっている場合はさらにその子ども(ひ孫)が、代わりに法定相続人になります。これを代襲相続といい、第1順位の代襲相続は下の代へと続いていきます。

第1順位の相続権が第2順位に移動するのは、第1順位の法定相続人が誰もいない場合だけです。

第2順位にも代襲相続があり、父母が亡くなっている場合やその父母(祖父母)、さらにその父母(曽祖父母)へと続きます。

ここで注意が必要なのが、第3順位。第3順位の兄弟姉妹がすでに亡くなっている場合、その子ども(甥、姪)が法定相続になりますが、その甥や姪も亡くなっている場合、その甥・姪の子どもは法定相続人にはなりません。第3順位だけは、代襲相続は1代限りとなります。

法定相続人の範囲と注意点

内縁関係の妻との間に子どもがいた場合、認知されていれば法定相続人になることができます。

養子縁組を行った場合、養子は実子同様、法定相続人となります。

また、法定相続人が相続権を放棄した場合(相続放棄)、その相続人は、はじめからいなかったものとして見なされます。被相続人に子どもが4人いて、そのうちの1人が相続放棄した場合、残りの3人が法定相続人になります。

被相続人に子どもが1人しかおらず、その人物が相続放棄をした場合、第2順位に相続権が移動します。その子どもに子ども(被相続人の孫)がいたとしても、孫は法定相続人にはなりません。

遺言書がある場合はその指示に従う

遺産を相続できるのは、基本的には法定相続人だといいましたが、例外もあります。それは、故人が遺言書を作成していた場合です。

遺言書がある場合は、原則として、その指示に従って遺産分割を行います。