揉めない不動産相続をサポートしてくれる不動産会社3選【名古屋】 » 不動産相続に関する基礎知識 » かかる費用目安

かかる費用目安

不動産を相続すると、名義変更をする必要があります。その際にかかる費用について解説しています。

不動産を相続した場合、その土地や建物の名義を変更する必要があります。この名義変更の手続きを「相続登記」といいますが、相続登記にはお金がかかります。

登録免許税

まずは、相続登記を申請する際にかかる登録免許税。これは、対象となる不動産の固定資産税評価額の0.4%の金額になります。ただし、法定相続人以外の人が相続する場合には、固定資産税評価額の2%になるので注意が必要です。

たとえば、固定資産税評価額が3,000万円の土地の場合、登録免許税は3,000万円×0.4=12万円となります。

算出された登録免許税が1,000円未満の場合、納税額は1,000円となります。また、登録免許税は、土地と建物、それぞれにかかります。

必要書類を揃えるための費用

相続登記をするためには、さまざまな書類が必要になります。

また、相続した不動産を調査するために必要な書類もあります。

これらの書類は、1通あたりは数百円ですが、被相続人が転居を繰り返し、本籍地を移転していれば、各転居先の役所に請求しなければなりません。

遠方であれば、郵送してもらえますが、その分の郵送費もかかります。

専門家に依頼する際の費用

相続登記の手続きは、自分でもできますが、必要な書類を取り寄せたり、土地の権利関係が複雑だったり、不動産が遠方にあったり、自分で行う時間がないという場合には、専門家に依頼するという方法もあります。

司法書士に依頼するのが一般的ですが、司法書士に依頼した場合、報酬が発生します。

どこまでを依頼するかにもよりますが、相続登記だけを依頼するのであれば、3~7万円、各種書類の取り寄せから遺産分割協議書の作成、相続登記までを依頼するのであれば7~15万円ほどといわれています。また、報酬のほかに、実費や日当などがかかる場合もあります。

相続する不動産の数や評価額、エリアによって報酬額が異なるので、事前に確認しておきましょう。