揉めない不動産相続をサポートしてくれる不動産会社3選【名古屋】 » 不動産相続に関する基礎知識

不動産相続に関する基礎知識

不動産相続の流れや相続税、不動産相続にかかる費用、遺産を相続できる人など、不動産相続に関する基礎知識について解説しています。

不動産相続の流れ

親族が亡くなって不動産を相続する際の流れとしては、死亡届の提出、遺言書の有無の確認、遺産分割協議、遺産分割協議書の作成、相続登記に必要な書類の準備、相続登記の申請となります。

不動産の名義を変更する相続登記に、期限は設定されていません。しかし、相続登記を行わないと、後々、いろいろな問題が発生してしまうため、相続登記は早めに行っておくほうがいいでしょう。

不動産相続の流れについて
詳しい情報を見る

相続税について

遺産を相続すると相続税がかかります。相続税というと高額になるというイメージを持つ人もいるようですが、実際に相続税の課税義務を負っている人はそれほど多くありません。というのも、相続税には基礎控除があるためです。

基礎控除を超えるほどの多額の遺産を相続する場合には、あらかじめ、不動産を利用して節税対策を立てておくという方法もあります。預金よりも不動産のほうが、相続税評価額が低くなるためです。

相続税の基礎知識と節税ポイントを紹介します。

相続税について
詳しい情報を見る

かかる費用目安

不動産を相続するための手続きにはお金がかかります。まず、相続登記申請のための登録免許税。そして、相続登記をするために必要な書類の請求費用。戸籍謄本や住民票など、1通あたりの金額は数百円程度ですが、場合によっては何十通も必要になり、その分、費用もかさみます。

相続登記の手続きを司法書士などの専門家に依頼すると、報酬が発生します。どこまでの手続きを依頼するかにもよりますが、通常、3~15万円ほどの費用がかかります。

不動産相続の費用目安について
詳しい情報を見る

遺産を相続できる人

基本的に、遺産を相続できるのは、配偶者や血族などの法定相続人です。法定相続人には順位があり、常に法定相続人となる配偶者を除き、第1順位は被相続人の子ども、第2順位は被相続人の父母、第3順位は被相続人の兄弟姉妹となっています。

配偶者は正式な婚姻関係にある場合に限られ、事実婚のパートナーや内縁の夫・妻は法定相続人にはなりません。

第1順位の相続人が誰もいない場合、第2順位へと相続権が移動します。

遺産相続人について
詳しい情報を見る

遺産分割協議について

遺産を相続する際、遺言書があればその内容に従い遺産が分けられますが、そうでない場合は相続人らが集まって「遺産分割協議」を行う必要があります。ただし、遺産分割協議を行うにはいくつかの条件があり、事前準備にも手間がかかります。遺産分割協議をスムーズに進めるため、協議の流れや手続きの方法、スムーズに進めるための手順や注意点などを確認しておきましょう。

遺産分割協議について
詳しい情報を見る