揉めない不動産相続をサポートしてくれる不動産会社3選【名古屋】 » 不動産相続のトラブル事例 » 共有不動産における不動産相続トラブル

共有不動産における不動産相続トラブル

ここでは「共有不動産」によって起こる相続トラブルを事例をまじえて解説しています。

相続後のトラブルが多い共有不動産

不動産はお金とは異なり、必ずしも正確に分割することができません。相続者が複数がいる場合、不動産は遺産としての相続が難しいくなります。また、相続者間で不動産を相続する方法にはさまざまな種類があり、判断を間違えると先々のトラブルのもと。そんな不動産相続の中でもで特にトラブルとなりやすいのが「共有不動産」です。

共有不動産とは複数人で対象となる不動産を相続すること。不動産は分割せず、複数人で所有することになります。しかし、共有不動産という相続方法ではいろいろなトラブルが発生し得るので要注意。事例から共有不動産の注意点をくわしく見ていきましょう。

共有不動産における不動産相続トラブルの事例

住み続けたい相続人とお金に換えたい相続人

故人には3人の子供がおり、全員で母親名義の不動産を相続。3人の子供のうち、長男は母親の所有する土地に家を建てて長年同居していました。通常の相続割合であれば、子供は平等の相続割合となるため、各自1/3ずつの共有状態となります。

この時、母親と暮らしてきた長男は「引き続きこの家で暮らしていたい」と考えており、他の相続人である兄弟たちは「売ってお金に換えたい」と考えました。そこに長男の配偶者も加わり、「自分の親を嫁の私に押し付けておいて、今さら家を売ってお金にするなんて勝手すぎる」と言い合いに。以前はとても仲が良かった兄弟が相続紛争に突入した瞬間です。

なかなかハンコを押してくれないトラブル

不動産の登記人である祖父が亡くなったことで、不動産を複数人で相続することに。相続時に「ハンコ代として20万円支払う」といった話はまとまっていました。しかし、その後すぐに登記名義人の変更を行わなかったため、「やっぱりあの時の話には納得できない」と態度をひるがえし、ハンコを押してくれない兄弟が出てしまったのです。

実はこの兄弟、相続発生時の経緯を知らない専門家に相談して「その物件には3,000万円の価値があり、法律的にあなたには1/6の権利があります。」と言われたそう。そのため、「ハンコを押せば20万円を支払うと書かれているが、私には500万円の権利があるじゃないか!」と考えてトラブルになってしまったのです。

なぜトラブルが発生してしまうの?

共有不動産によるトラブルが発生するのには、大きく分けて2つの理由が存在します。1つには「自分には関係ないだろう」という考え方、もう1つは相続に関して相談できる人がないという点です。

ハイアスアンドカンパニーが2017年に行なった調査によると「自分の家に限って相続問題が発生することはない」と思っている人が8割以上と非常に多く、相続対策について「何もしていない」という人も80%を超えています。相続対策を行っていない理由については、「対策をするほどの資産がない」という回答が半数を占めているようです。

とはいえ、相続トラブルには財産の多い少ないは関係ありません。実際に遺産分割事件の3/4以上は、5,000万円を下回る資産額をめぐって発生しています。では、共有不動産における不動産相続トラブルを回避するには、どのような方法があるのでしょうか。

共有不動産は話し合いでトラブルを回避できる

相続発生前に遺言書があればいいのですが、 ない場合は共有不動産によるトラブル回避の方法として、 遺産分割協議書を専門家のアドバイスを受けながら作成し相続するというものがあります。どのように遺産を分配または共有するのかを話し合い、そこで合意した内容は遺産分割協議書にまとめるのが一般的です。

また、遺産分割協議では共有の他にも、以下の3種類から自分たちに適した相続方法を選択できます。

予期せぬトラブルを防ぐためにも、専門家のアドバイスを聞きながら話し合うことを徹底しましょう。