揉めない不動産相続をサポートしてくれる不動産会社3選【名古屋】 » 不動産相続のトラブル事例 » 相続で勝手に名義変更されてしまった

相続で勝手に名義変更されてしまった

離婚した父親が再婚後に亡くなり、再婚相手の家族が勝手に名義変更して相続手続きを進めようとした事例を紹介します。

実子の同意なしに再婚相手に名義変更されてしまう

離婚して新たに家族を持った父親が亡くなり、財産相続の手続きを父親の再婚した家族だけで進めているケースです。

Aさんは前妻の子どもという立場ではありますが、両親が離婚していても子どもに相続する権利があると主張しています。父親の再婚相手はAさんの存在を知っていますが、父親が亡くなってから相続に関する連絡が一切ありません。

離婚後もAさんと父親との交流はあり、生前は父親が所有していた駐車場となっている土地をAさんに相続させる話をしていたとのこと。

自分が知らない間に同意もなしに再婚相手とその子どもが勝手に土地の名義変更をするのではないかと心配しています。

相続人の同意がなければ名義変更できない

たとえ再婚相手の家族が勝手に遺産相続の手続きを進めても、実子であり相続人の1人であるAさんが同意しなければ、土地だけでなく他の遺産も勝手に分割相続することはできません。

財産相続では、不動産の相続だけでなく、金融機関の口座の解約をする場合でも遺産分割協議書などが必須となります。遺産分割協議書の作成には相続人全員が参加が原則となっているため、Aさんが関知していない協議書は無効です。

土地の名義変更に必要な書類とは

財産の相続では、相続人全員による話し合いにより遺産分割協議書を作成しなければなりません。また、協議書は相続人全員分を作成して、全員の署名、押印をしたうえで各自1通ずつ保管するのが一般的です。

相続人全員が納得できる遺産分割協議書が作成されたら、相続した土地の名義を父親から変更して登記することができます。名義変更に必要となる書類は次のとおりです。

このように、遺産分割協議書に相続人全員の署名、押印がないと名義変更はできないため、再婚相手の家族がAさんに内緒で遺産相続をすることは不可能ということになります。

相続トラブルにならないように相続登記は早めに!

土地や建物などの不動産を相続する場合は、なるべく早く相続登記をすることをおすすめします。

名義変更せずに長い間放置していたら、登記簿を確認した際に名義が祖父や曽祖父のままであるなんてこともあるでしょう。このような場合の名義変更は書類取得が大変で専門家への報酬も高くなってしまいます。

不動産は分割して相続することは難しいため、売却して金銭で清算するのが一般的。しかし、名義変更ができていなければ売却することもできないこともあります。手続きが面倒だからと放置するのではなく、手続き代行してくれる専門家に依頼するのが一番です。