揉めない不動産相続をサポートしてくれる不動産会社3選【名古屋】 » 不動産相続のトラブル事例 » 相続をきっかけに絶縁になった兄弟

相続をきっかけに絶縁になった兄弟

遺産相続をきっかけとして絶縁関係になってしまった兄弟の事例を紹介します。

誰もが相続紛争になるとは思っていなかった

故人には長男、長女、次男の3人の子どもがおり、財産として時価4,000万円の自宅と500万円の預金がありました。長男は妻と2人の子どもとともに故人の自宅に同居。長女は結婚して夫の持ち家で生活、次男も結婚して購入したマンションで生活していた状況です。

故人は生前「うちの家族は仲が良いから相続でもめることなどありえない」と遺言書を残していませんでした。また、長女や次男も父親と同居している長男が後を引き継げばいいと考えていたため、誰が考えても相続紛争でもめることなど考えなかったのでしょう。

しかし、父親が亡くなると次男が「長男が自宅を相続するのであれば、やはり自分がもらえるはずの相続分3分の1を金銭で清算して欲しい」と言い出したのです。それにつられるかのように長女も「相続分を精算して欲しい」と言い出し、長男は相続分を精算するためには自宅を売却するしかないと考えるようになりました。

それと同時に「生前は私(長男)が相続すればいいと言っていたのに、亡くなったとたんに自分の相続分を主張するなんてあり得ない」と落胆。以前はとても仲が良かった兄弟が相続紛争に突入した瞬間です。

兄弟仲が微妙になっても相続分を主張する理由

兄弟仲が微妙になってしまった発端は、次男が以前は長男が相続すればいいといっていた言葉を翻し急に相続分を主張し始めたことによります。

次男は自営業で、このところの不景気で生活が徐々に苦しくなっていました。さらにプロスポーツを目指す息子が指導に熱心な全寮制の私立高校への進学を言い出したことで、金銭的な余裕がなく諦めさせようと思っていた矢先に相続の話が持ち上がったことが背景として考えられます。特に妻が乗り気であったため最初は反論していた次男も、法律で認められている3分の1の相続分は主張しても良い権利だと考えるようになったのでしょう。「息子のために」相続分を主張する次男を非難できる人は誰もいません。

ただ、以前は裕福な生活をしていた経営者として、兄に生活の厳しさを正直に話すことはプライドが許さなかったようです。事情をよく知らない長男は手のひらを返したように相続分が欲しいと主張する弟に対して身勝手としか思えませんでした。

遺産分割調停で解決

長男はなんとか住み慣れた住居の売却を回避しようと、弟や妹の相続分を少しでも減らそうと、あれこれ主張します。結局、お互いの主張を譲ることがなかったため、遺産分割調停で解決することになりました。妹が相続額を減らすことに同意してくれたため、弟は相続分に見合った金銭を手にすることはできましたが、その後、長男と次男は絶縁状態となってしまいました。

相続は争族といわれるように、兄弟の仲も悪化させてしまうものです。兄弟だからこそ感情的になり、互いに譲ることができないことも少なくありません。早めに専門家を第三者として介入させて解決するのが一番といえます。