揉めない不動産相続をサポートしてくれる不動産会社3選【名古屋】 » 不動産相続のトラブル事例

不動産相続のトラブル事例

不動産相続の際に生じる可能性の高い5つのトラブルを事例として紹介しています。現金のように簡単に分割できない不動産相続は、家族や親族の間で関係を悪化させるような大きなトラブルに発展することも珍しくありません。その原因や対処法などについて簡単にまとめています。

相続をきっかけに絶縁になった兄弟

どんなに仲の良い兄弟でも相続をきっかけに絶縁状態にもなり得るひとつの事例です。兄弟であっても互いに自分の生活があり経済的な事情もあります。生前は親と同居している兄が相続すればいいと話していても、事情が変われば自分の相続分を主張することも少なくありません。兄弟だからこそ頑なになり、遺産分割調停で解決はできたものの、その後絶縁状態になってしまいました。

兄弟が絶縁してしまった
不動産相続トラブル事例を見る

二世帯住宅でまさかの争い

親世帯にとっても子ども世帯にとってもメリットの大きい二世帯住宅。しかし、親世帯が亡くなった後のことを考えて実行しないと、子ども同士が相続で仲たがいしてしまう可能性があります。複数の子どもがいても親と同居できるのは1人の世帯のみです。親が亡くなった後に土地や建物を子ども同士で共有相続することはできても、実際の恩恵を受けるのは同居している世帯だけ。他の兄弟から遺産分割を請求され、訴訟に発展するおそれもあります。

二世帯住宅に関する
不動産相続トラブル事例を見る

親名義の家を相続した際のトラブル

親名義の家を相続した場合、名義変更をしなくても住み続けることは可能です。しかし、長年名義変更をしないまま放置すると、相続人の人数が増えたり、相続した当初とは異なる意見を他の相続人が主張したりして、相続トラブルになりかねません。また、自分の代で相続手続きをしなければ子どもの代に負担を残すことになります。手続きは面倒ですが、専門家に依頼してなるべく早く済ませることが大切です。

親名義の家を相続した
不動産相続トラブル事例を見る

相続で勝手に名義変更されてしまった

離婚して再婚した父親が亡くなり、財産の相続手続きを実子に連絡せずに再婚相手の家族が進めるケース。このような場合、不動産の名義変更を勝手にされてしまうのではないかと心配ですが、遺言書がなければ財産相続には相続人全員の協議が必要。実子の署名、押印のある遺産分割協議書がなければ、勝手に名義変更することはできません。

勝手に名義変更された?
不動産相続トラブル事例を見る

遺言書がトラブルの原因に

遺言書がない場合は、相続人全員による遺産分割協議で相続内容を決定しなければならないため、トラブルが生じやすいといえます。しかし、遺言書があっても相続を指定された相続人以外の相続人にも遺留分を請求する権利があることから、相続がスムーズに処理できない場合もあります。大切なことは遺留分にも配慮した内容や個人の思いをきちんと遺言書に記載しておくことであるといえるでしょう。

遺言書が原因となった
不動産相続トラブル事例を見る

共有不動産が原因で起こるトラブル

不動産はお金とは異なり、必ずしも正確に分割することができません。相続者間で不動産を相続する際にはさまざまな方法がありますが、選択の判断を間違えれば先々のトラブルとなってしまいます。特に故人と同居していた人とそうでない人が、不動産を残すのか売るのかで揉めることが多いようです。予期せぬトラブルを防ぐためにも、あらかじめ正しい対処法をチェックしておきましょう。

共有不動産における
不動産相続トラブル事例を見る